05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< うとぅぬうしゃぎむん | main | 犬 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
二度目の土地(土讃線)


『 耐久電車 』 at 高知〜琴平間
kenko DVS2500HD



琴平〜高知間をローカル電車で走るのは今回で二回目。
約5時間の道のりを、ワンマン列車1両で走る。
前回乗った時もそうだったのだが、この電車に乗る人は、ほとんどが観光客なのだ。
それも琴平から乗り、高知で降りる。
5時間の間、見知らぬ田舎の町並みを見渡しながら、同じ空間を過ごす。もはや同士。


この長い時間をどう過ごすかは人それぞれである。
ある人は読書をし、ある人は寝にふける。
ある人は体操座りをして微動だにしないのだ。


初めてこの路線を走ったとき、僕は森山大道の本、『犬の記憶』と共にここにいた。
今、こうして二度目の土地に立ったとき、その時想っていたことを思い出したりしている。

森山大道『犬の記憶』を読んだ内容はこちらに。よろしければどうぞ。


<< 犬の記憶 森山大道 を旅中に読んだ。>>
<その1>
<その2>
<最終回>


……しかし、今回は本を持ってきていない。ハッキリ言って超、暇だ。
なので僕は頭の中で、地獄の長時間耐久バトルロワイヤルを開催した。

<<  バトルロワイヤル 耐久 高知〜琴平間   続きを読む >>


 
ルールは簡単だ。高知についたとき、生き残っていた人が勝者である。
総支配人は運転手。うちらがもがき苦しむ様が、支配人の生きる活力となるのだ。


一度この電車に乗ったが運の付き。
琴平で乗車した人数はざっと20人。
17:46に発車した電車は、地獄の耐久デスマッチ。
生きるか死ぬか。Dead or Alive。
果たして何人生きて帰れるのか……



17;46 何も知らずに地獄のバトルロワイヤル電車に乗り込む20名



18:30 早くも死者が続出……(死因:地元の駅に到着した)



19:15 辺りを見渡すと、生存者は合計7名。

   
ここからが地獄の耐久勝負が始まるとは、一人以外知る由もなかった。
その一人とは、前回バトルロワイヤルで見事勝ち残った人物。
その名は ぬれタヲル。
初めて参加した時以来、人が必死に耐えている様をみることがやめられなくなった。
そう、彼は今回のバトルロワイヤルを自ら進んで参加しているのだ。



19:26 1人死者がでる。残るはあと6名。。。



19:34 2人が読書。2人は寝にふける。1人はぼーっとっしている。そしてぬれタヲル。



19;45 



このバトルロワイヤル。最後まで耐え抜くか、死ぬ以外は抜け出すことが出来ないが、
毎駅ごとに、何も知らない挑戦者を迎えている。ここでなんと高校生5名が参加してしまう。
む…無謀すぎる。これでは支配人とぬれタヲルの思う壺だ!!



20;00 案の定即死w やはり残るのは琴平から耐え抜いた6人だ。

 

 



20;30






 

「もう……だめだ」

 






…。

 

 



ずっと戦ってきた同士がついに1人、倒れる。

 


残る生存者は5名。


『 耐久電車(車内) 』 at 高知〜琴平間
kenko DVS2500HD


時間は21:00をまわると、読書人も寝人も皆、やる気を失わされる。


1人目、根気よく読書をひたすら続けている。


2人目、真っ暗で何も見えない悪魔山の風景を、遠い目をしてただただ見つめている。


3人目、歳のいったおじいさんだ。男の座る姿勢を背筋を伸ばしてしっかりと保ちつつ、
      顔をかなり歪ましながら、瞑想している。かなりきつそうだ。


4人目、読書をしていたが、途中でやめる。
          すると急にデジカメを撮り出し、自分で自分を撮りはじめる。
          何枚か撮り終わると、靴を脱ぎ、座席に乗って体操座りをし始めた。
          それ以来微動だにしない。死ぬのは時間の問題か。
          かなり精神的に追い詰められているようだ。


5人目、これが前回覇者の実力か。ぬれタヲル。
          DSにてToeicトレーニングをしつつ、それが飽きたら人を眺める。
          マインドコントロールが上手い。さすがである。
          特に、4人目のデジカメに記念に写ろうと試みるところは恐れ入る。
          4人目さん、写っていたらごめんなさい笑。旅の笑える記念ということで笑。
          そして21:00をまわった今、こうして2度目の土地を楽しんでいる。
 


果たしてこの5名。無事生存することができるのか…… 知るのは時のみである。





『 耐久電車(実は廃車だった…) 』 at 高知〜琴平間
kenko DVS2500HD



といったストーリーを現在2009年9月6日、21:00から30分で書き終えました笑。
前回は、同じ場所から乗った人達が徐々に電車からいなくなる様を
哀愁の心で見届けていた。今回はもう何がなんだか笑。



高知〜琴平間の土讃線。なんか好きです。

| 日本巡り紀行 | comments(0) | trackbacks(0) | Moist-Towel (ぬれタヲル) |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://moist-towel.jugem.jp/trackback/126
Blog

暇さえあれば日本を駆け巡る。
カメラ好き、旅好きによる
青い写真ブログ。

--Keyword--
日本、旅、自然
写真、カメラ、フィルム
アニメ、舞台、聖地巡礼

・ブログ『怠惰な生活』
ぬれタヲルブログの"怠惰版"


※Twitter始めました。
ID:tyuio_et

PROFILE
ぬれタヲル
■NAME■
Moist-Towel (ぬれタヲル)
TYUIO
にょいぼう
■カメラ■
CONTAX T2
Smena 8M
Minolta XD
■ 徒然なるままに日本巡り。
18切符とカメラを片手に電車で移動。
写真と旅先での想いを載せています。

◆お知らせ◆
アニメれびぅ、日本巡りブログを、
このブログに移転しました。

ぬれタヲル

第一回・写真展『 極点這子 』

日本を巡る旅〜人の恩恵を受ける〜

2010年カレンダー
『 あっという間もない2010! 』

Twitter
CATEGORIES
ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
space