05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 音の捧げもの | main | 二度目の土地(土讃線) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
うとぅぬうしゃぎむん

村松健
'うとぅぬうしゃぎむん'vol.6
〜SPIRITUAL PLACE 〜


[1部]
雲の上の向こう
路地裏のハレルヤ
???
水浴び
てぃだがなしのうた
水の導き
ひらひらと

[2部]
鯨と泳ぐ日
昼寝の天使
記憶の海
海にいます
まいすぴりちゅあるほーむ
ゆうまぐれのくに
バルーンムード

[アンコール曲]
うみものがたりのために書いた曲
主題歌


「うとぅ」は音。
「ぬうしゃぎむん」は手を空に掲げて、
天に捧げ物をお与えになる動作のこと。

『音の捧げもの』

略して、うとぅ〜しゃ。うとぅ〜しゃも今回で六回目となった。
この企画、普段のライヴとは違った、年に一度きりの特別なライヴである。
このライヴには唯一の決まりごとがある。それは、

いにしえからある島(集落)の聖なる地をお借りして、演奏すること。

その神々しい空気と共に、村松健の想う聖地への「感謝」を、
同じ土地で生まれた音楽で奏でることで、捧げる。
これは、村松健と一緒にこの企画を立ち上げた、
地元カメラマンの耕作さんの二人で決めたことだった。

今回の舞台は芦花部集落。美人の里として名を馳せる。
聖地の空間には、太陽の光が木々の間から透き通るように照らし、
また何本かの木が一体となって、一つの大きな木を作り出している。
隣には南州神社、また古い木造教会がたたずんでいる。
この場所で、まず密かやかに生音での演奏が行われる。
神へのご挨拶と言うべきか。
演奏を済ませると、メインステージへと楽器を弾きながら、
お客を導きつつ移動する。

村松健の 音の捧げもの の始まりだ。

[序]  [一部]  [二部]  [アンコール]  [おまけ]

| music + | comments(2) | trackbacks(0) | Moist-Towel (ぬれタヲル) |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |
足花部→芦花部 です.蛇足ですが...
| とし | 2010/07/15 11:03 PM |

としさん

コメントによるご指摘有難う御座います!
なんというミスをしていたんだ。。

| ぬれタヲル | 2010/07/16 4:36 PM |










http://moist-towel.jugem.jp/trackback/121
Blog

暇さえあれば日本を駆け巡る。
カメラ好き、旅好きによる
青い写真ブログ。

--Keyword--
日本、旅、自然
写真、カメラ、フィルム
アニメ、舞台、聖地巡礼

・ブログ『怠惰な生活』
ぬれタヲルブログの"怠惰版"


※Twitter始めました。
ID:tyuio_et

PROFILE
ぬれタヲル
■NAME■
Moist-Towel (ぬれタヲル)
TYUIO
にょいぼう
■カメラ■
CONTAX T2
Smena 8M
Minolta XD
■ 徒然なるままに日本巡り。
18切符とカメラを片手に電車で移動。
写真と旅先での想いを載せています。

◆お知らせ◆
アニメれびぅ、日本巡りブログを、
このブログに移転しました。

ぬれタヲル

第一回・写真展『 極点這子 』

日本を巡る旅〜人の恩恵を受ける〜

2010年カレンダー
『 あっという間もない2010! 』

Twitter
CATEGORIES
ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
space